リサイクル品ならではの価値ある着物

着物は柄付けや工程の違いによって様々な種類に分ける事が可能となっています。着用する場所によって間違いのない種類を着用する事が大切になります。 フォーマルシーンで着用する着物の種類の特徴として素材に絹が使用されている事や織り上げた白い生地に柄付けをしている後染めや染めと呼ばれる物があります。着物の格は柄付けの種類や紋の有無で変わるといった特徴があります。代表的な物として黒留袖や振り袖が挙げられます。 カジュアルシーンで着用する着物の特徴は全体に同じ模様が上下なく繰り返し描かれている小紋が柄付けされている着物が一般的となっています。使用されている素材は木綿やデニムといった様々な物が使用されているといった特徴があります。 また、着物を着用する際に欠かす事の出来ない帯にも袋帯や名古屋帯、半幅帯といった様々な種類や格があり色やデザインだけではなく帯の格を揃える事もコーディネートとして大切なポイントとなっています。

着て行く場所によって使い分ける事が出来る着物の種類
着物が左前である必要性と必然性
男性の間でも関心が高まる着物について
常識として決められている着物の襟の向き
着物のセットの金額について
着物のぴったりサイズとは
着物と浴衣に違いはあるの?
動画を見て着物を着付けしよう
着物の魅力とデザインの特徴
着物姿にふさわしい夜会巻き